カイル ムルシリ

02.10.2021
著者: Kozue

ムルシリ2世 ヒッタイト 王 在位 紀元前年 頃 - 紀元前年 頃 死去 紀元前年 頃 配偶者 ガッシュルウィヤ ( 英語版 ) ダヌヘパ ( ドイツ語版 ) 子女 ムワタリ2世 ハットゥシリ3世 ハルパ・スルピ 娘(アルツァワ王子ムシュフイルワの妃) 父親 シュッピルリウマ1世 テンプレートを表示. アルヌワンダ2世 テレピヌ ピヤシリ ザンナンザ ムルシリ2世 シャル・クシュフ 娘( シャッティワザ の妃).

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. そもそも『天河』内ではユーリの死因については触れられていません。 最終巻28巻収録の番外編にカイル皇子より先に亡くなったということが記されているのみです。 じゃあ、史実はどうだったのよ?と思って、ググってみました。 そもそもユーリやカイル皇子の存在って史実なのだろうか。. 紀元前年 頃 - 紀元前年 頃. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. カテゴリ : ヒッタイト帝国の君主. 引用するにはまずログインしてください ログイン 閉じる. 調べてみると、かなり物語中で描かれている内容にモデルとしたであろう事件があったり、人物がいたりでびっくりしました。 ザナンザ皇子、本当にエジプトに送られて亡くなったそうです。 紀元前14世紀の出来事なのにそんなに史実というものがあることもびっくりですし、年代後半に描かれた物語でそれをしっかり拾い上げている事にも驚きました。 舞台は ヒッタイト 帝国だけど、人物はわりと自由に創作されているのかなと勝手に思っていたので…  表の顔.

: Wikipedia. 7104 .

FAST : GND : LCCN : no VIAF : , WorldCat Identities : lccn-no ユーリは志望校だった高校に合格した上、好きだった氷室ともいい雰囲気になり、絶好調の中学3年生。 ある日、 コップの水が沸き上がったことをきっかけに、水槽から手が伸びてきたり、入浴中に底から引きずり込まれそうになったりと不可解な出来事が頻発するようになる。 すべての出来事は水に関係していることに気づいたユーリは、水を避けて生活することにする。 しばらく平和な生活を送っていたユーリだったが、ある日氷室とデート中に水たまりの上を歩いた瞬間、水の中から手が伸びてきてそのまま引きずり込まれてしまう。 窒息しそうになりながらようやく行き着いた先は外国のようだった。 見慣れない場所に、聞いたこともない外国語。 困惑するユーリだったが、後ろから兵士が追いかけてくるのが見えた。 わけがわからないまま逃げるユーリ。 その時、走っていった先で布を被った男性に出くわす。 兵士の仲間かと身構えたユーリだったが、 その男性はユーリをかくまってくれたのだった。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.
  • この漫画、一言で表すと 一旦読み始めると止めることはできない恐ろしい漫画 です。 実はこの「赤い河のほとり」はめちゃくちゃ有名な作品なんだとか。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.
  • 紀元前年 頃 - 紀元前年 頃.

カイル・ムルシリのプロフィール

一方の『王家』は、13巻で「エジプト新王国時代」と明記され、またヒッタイトが滅んだ時代(紀元前年頃)の年前と考古学に詳しいキャロルが解説している事から、同じく紀元前年頃と推測出来ますが、こちらは年以上前後する時代の国々がオールスター形式で登場する為、はっきりと時代を特定出来ません。 本稿では、首都がテーベに遷移している事、アメン神の信仰が復活している事などから、宗教改革の失敗から立ち直り、 山田三兄弟 父親 として考察します。.

引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. 引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. しかし対エジプト戦の最中、おそらくエジプト人捕虜の持ち込んだ病原菌が原因でヒッタイト本国でも 疫病 が発生した。この疫病は大規模であり当時病気治癒を祈る祈祷書が多数作成されたが、疫病は貴族、王族の間にまで広まり、シュッピルリウマ1世は病に倒れ、間もなく病死した。死後、息子のアルヌワンダ2世が即位したが、彼も間もなく同じ疫病によって病死した。そして別の息子ムルシリ2世が即位した。ムルシリが残したシュッピルリウマの年代記のおかげで、このヒッタイト中興の英主の事績を割合詳しく知ることが出来る。なおヒッタイト王国史を古王国・新王国という二期に分ける時代区分法と、古・中・新と三期に分ける区分法があるが、三期区分の場合、中興の祖であるシュッピルリウマ1世を以って新王国時代の始まりとしている [2] 。.

ヒンティ ( ドイツ語版 ).

  • 次の シュッタルナ3世 がアッシリアと結ぼうとしたため打ち果し、 シャッティワザ (マッティワザとも)を擁立し、自分の娘と結婚させてミタンニに影響力を確保した。更にミタンニ領であった ハルパ 市や カルケミシュ 市を攻略し、息子のテレピヌをハルパ王に、別の息子ピヤシリをカルケミシュ王に封じて国内を固めた。テレピヌの子孫は代々ハルパ王、キズワトナの神官、そしてテシュプ、ヘパト、シャッルッマといった神々の神官を務めた。. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.
  • そもそも『天河』内ではユーリの死因については触れられていません。 最終巻28巻収録の番外編にカイル皇子より先に亡くなったということが記されているのみです。 じゃあ、史実はどうだったのよ?と思って、ググってみました。 そもそもユーリやカイル皇子の存在って史実なのだろうか。.

2 - 2 3 1. 怪人王 Comee!

アラサー学生です。主にまんがの感想を書こうと思っています。

時代設定としては、 『天河』が前、『王家』が後 の時代となるでしょうか。 『王家の紋章』の作中で現在、下エジプトに建設中の新都というのが、ペル・ラムセス(ラムセス市)の事だと判明すれば、ラムセス2世(BC年代のエジプト王)の治世として年代が特定出来そうです。. ついで トゥシュラッタ が新たなミタンニ王になると、シュッピルリウマ1世はミタンニを攻撃したが失敗した。この後シュッピルリウマ1世は北 シリア の交易拠点都市 ウガリット を傘下に納めて従属条約を締結するとともに、婚姻外交によって バビロン第3王朝 ( カッシート )と同盟を結んでミタンニに圧力をかけた。そして改めてミタンニを攻撃するべくフルリ人の国家 イシュワ を攻略し、更にミタンニの首都 ワシュカンニ を目指した。ミタンニ王 トゥシュラッタ は戦わずして逃亡したが、その後息子に殺された。 東南の「 フルリ人 の王」の称号を持つに過ぎなかった アルタタマ2世 と条約を結んで東方の国境線を定めた。シュッピルリウマ1世はミタンニの新王としてトゥシュラッタの政敵であった アルタタマ2世 を擁立した。.

ヒッタイト 王.

LINE. FAST : GND : LCCN : no VIAF :WorldCat Identities : lccn-no. 11 .

ムワタリ2世 ハットゥシリ3世 ハルパ・スルピ 娘(アルツァワ王子ムシュフイルワの妃). 次の シュッタルナ3世 がアッシリアと結ぼうとしたため打ち果し、 シャッティワザ (マッティワザとも)を擁立し、自分の娘と結婚させてミタンニに影響力を確保した。更にミタンニ領であった ハルパ 市や カルケミシュ 市を攻略し、息子のテレピヌをハルパ王に、別の息子ピヤシリをカルケミシュ王に封じて国内を固めた。テレピヌの子孫は代々ハルパ王、キズワトナの神官、そしてテシュプ、ヘパト、シャッルッマといった神々の神官を務めた。.

では、人物はどうでしょうか? 多少血縁関係が物語と違う部分はありますが、ムルシリ二世、ザナンザ皇子、シュッピルリウマ一世、マッティワザ、ラムセス一世といった男性陣は軒並み実在の人物です。 シュッピルリウマ一世とムルシリ二世は物語通り ヒッタイト の最盛期の皇帝と評価されている人物だそうです。 女性陣はというと、シュッピルリウマ一世の正妃でカイル皇子のお母さんであるヒンティ皇妃も実在人物です。 でもユーリやナキア皇 太后 はというと、実は彼女たちについては名前までピッタリはまる人物はいません。 しかし、あきらかにこの人がモデルだよね!?って人がいました。. シュッピルリウマは トゥドハリヤ2世 の息子であるとされる。父王や兄 トゥドハリヤ3世 の下で、 サムハ ( 英語版 アグニカ・カイエル gジェネ を拠点にして北方の カシュカ族 沖土 漫画 英語版 ) の支配者 ピヤピリ ( Piyapili )や東方の ハヤサ ( 英語版 ) の支配者 カランニ ( Karanni )と戦う。彼の働きで旧都 ハットゥシャ にヒッタイトの王宮を復すことに成功し、有能な将軍として頭角を現した。兄トゥドハリヤ3世が王位を継いだ直後に陰謀を企ててこれを殺害し、自ら大王に即位した。国内の政治的混乱を収めるとともに、周辺に遠征を繰り返して弱体化していたヒッタイトの復興を図った。.

ヒッタイト 王. ガッシュルウィヤ ( 英語版 ). 妃の ガッシュルウィヤ ( 英語版 ) は彼の在位9年目に死去した。直後に バビロニア 出身の 皇太后 マルニガルが彼女に毒を盛った容疑をかけられて裁判を受け、追放された。ムルシリは次にダヌヘパと結婚したが、彼女ものちムルシリにより追放されている。子供は ムワタリ 、 ハットゥシリ 、ハルパ・スルピという少なくとも三人の息子と、複数の娘の存在が確認されている。ムワタリとハットゥシリはムルシリの死後王位に就き、ハルパ・スルピは 戦車 隊長になったと思われる。娘の一人は政略結婚でアルツァワ国の王子ムシュフイルワに嫁いだ。.

PDF. : Wikipedia. 2 2. : 2.

天は赤い河のほとりの他の登場キャラクター

ヒッタイト 王. カテゴリ : ヒッタイト帝国の君主. FAST : GND : ISNI : 俺様ちゃん : no SUDOC : VIAF :WorldCat Identities : lccn-no

PDF .

 また調べる...